AMHについて

AMH(アンチミューラリアンホルモン)について

AMHとはアンチミューラリアンホルモン(または抗ミュラー管ホルモン)の略で、発育過程にある卵胞から分泌されるホルモンです。
血中AMH値が原始卵胞から発育する前胞状卵胞数を反映すると考えられております。
 その値は、卵巣内にどれぐらい卵の数が残っているか、つまり卵巣の予備能がどれほどかを反映すると考えられています。
その為、AMHは卵巣予備能(※)の目安となる評価指標で、不妊症治療領域では近年話題になり注目されてきております。
(※卵巣予備能とは、卵巣の中に残っている卵子の目安のことです)

 AMHの数値が表すのはあくまでも卵子の在庫の目安であって、その卵の質がいいか、順調に育つかは年齢に一番よく相関します。卵子の老化は実年齢に比例するのです。ですから、同じAMHの値であっても、年齢が高くなればなるほど反応は悪くなります。
年齢とAMH

AMHが低い事に関するよくある誤解

『AMH=妊娠率』ではない
 よく誤解されるのが、AMH値が低い=(イコール)妊娠率も低くなると思われがちなことです。たとえばAMH値を測っていないから知らないだけで、実はほとんどゼロに近い数値でも自然に妊娠・出産している人はたくさんいます。当院へ受診されている患者さんのなかにも、AMH値がゼロでも、治療して妊娠・出産されている人も多くいます。
 受精卵さえできれば、その人の年齢なりの妊娠率はきちんと出ます。重要なのは、その受精するまでの利用できる卵が残っているかどうかが問題で、その卵が残っているかどうかを判断するのがAMHの測定なのです。

 要するに、AMHは妊娠率を語りません。卵の数が少ないということは妊娠率が低くなるということではなく、不妊治療をできる期間が限られてくる、ということを示すのであって、「AMHが低いからほとんど妊娠できない」ということではありません。

AMHと妊娠率は相関しない

AMHの基準値・正常値

 AMHは決して年齢と相関していません。20代でも30代でもAMH値が高い人もいれば低い人もいます。検査データから、AMH値と年齢の分布図(図:年齢とAMH値でみる治療の目安)をつくっても、標準偏差がとても長くなって、まったく正規分布しません。
 検査結果ではどの値が正常なのか異常なのかを気にされる方もいると思いますが、実はAMH値で、「基準値」・「正常値」を設定することはできません。

 しかしながら、AMH値を年代別にみると、年齢とともにAMH値は減少する傾向にあり、その統計をとることで、平均値(年齢との相関関係)といわれる統計値は出すことはできます。個人によって大きな差があることから正常値という設定をすべきではなく、同じ年齢層に比べ、卵巣予備能が多いか少ないかを判断するものになります。
(※図「年齢とAMH」を参照)

AMHと年齢の相関について

AMH測定時期と測定誤差

 AMHは他のホルモンと違い、月経周期のいつ測ってもよい血液検査です。
 卵胞は、原始卵胞から一次卵胞、二次卵胞、そして胞状卵胞へと、常に一定の割合で成長しています。AMHは小・前胞状卵胞から分泌され、9~10mmぐらいまで卵胞が大きく(胞状卵胞に)なると分泌されなくなります。
 また、どんなホルモン検査にも測定誤差はありますが、AMHはその誤差が大きい特徴があります。たとえば測定値が「1」だとすれば「0.85」と「1」と「1.15」という値も測定誤差を考慮すると大体同じという意味になります。その少ない増減にほとんど意味はありません。採卵の後は少し減るとか、卵胞期に比べて黄体期が多いとか少ないなどのことは、臨床的には意味のないことなのです。
 また、注射をしたら卵が早くなくなるということもありません。卵は何もしなくても、生理があってもなくてもずっと発育していますし、どんどん消えていきます。そういう自然の流れのなかで我々がコントロールできるのは、本当に一番最後のところだけ。そこを何とかコントロールして、萎んでいく卵を成熟させて採る努力をしているのです。
 もともと卵の少ない人に注射をしてたくさん採卵できるならば、妊娠率はぐんと上がるでしょうが、それはできません。つまり、卵の増減をカバーする方法はないのです。要するに、AMHは月経周期に左右されず、時期や治療などよって計測値が変わることもありません。
AMHの測定誤差

AMHの高すぎる値は注意

 年齢が若くAMH値が高ければよいかというと、そうとも言えず油断してはいけません。
 AMH値が4.0~5.0ng/ml以上ある場合は、多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)(PCOS)が疑われます。
 多嚢胞性卵巣症候群は、排卵が阻害されて、卵巣内に多数の卵胞がたまり、月経異常や不妊の原因となります。
 この場合、卵巣過剰刺激症候群(らんそうかじょうしげきしょうこうぐん)(OHSS)という、体外受精などで行う排卵誘発に過剰に反応して多数の卵胞が発育し、卵巣が腫れる状態になりやすい為、排卵誘発を行う場合も注意が必要です。
多嚢胞性卵巣症候群pcos

AMHのまとめ

 男性の場合、精子は睾丸で作られていますので、いつも精子は新しく、いくつになっても精子は作られ、年齢の影響をほとんど受けません。
 一方、卵巣では卵子は作られておらず、生まれる前に作られた卵子が保存されているだけです。したがって生きた卵子はどんどん消滅して数がどんどん減少するとともに、年齢とともに卵子自体も年をとり古くなります。

 卵子の質は、その古さ、年齢の影響を直接受け、卵子の数も年齢とともにどんどん減っていきます。 その数は年齢以上に個人差が大きく、いざ子供が欲しいと思った時に卵子がないということがおきます。卵巣の予備能は今までのホルモン検査ではよくわかりませんでした。
 AMHはその指標であり、また他のホルモンと違い、月経周期のいつ測ってもよい血液検査です。

 「私はいくつだからだいじょうぶ」ではなく、「私のAMHはいくつあるから大丈夫」というように正しい自分のAMH、卵巣予備能を知ってほしいと思います。
 卵巣予備能を知ることは、不妊治療がいつまでできるかの目安ともなります。
 みかけ若くても、卵巣の卵子が非常に早く減ってしまい、20代、30代で閉経する女性は多く見られます。寿命がどんどん長くなっても、女性の生殖年齢は昔と変わりません。

 まず、AMHを測っていわゆる「卵巣年齢」をチェックしてから自分の人生設計をしてください。

※AMH検査は卵巣予備能の目安となります。妊娠を保証するものではありません。

当クリニックではAMH検査を行っております。

AMH検査(卵巣年齢検査)をご希望の方はこちら

               
ページトップ

               
ページトップ
診療予約 初めての方へ 治療実績・出産予後調査 凍結検体をお預かりしている患者様へ
AMHセミナー情報
待ち順番確認 本人確認 Asadaサプリ 浅田院長ブログ facebookページ 季刊誌 妊娠の主役はたまご

浅田レディース名古屋駅前クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-17
名古屋ビルディング3F
tel.052-551-2203
(日本生殖医学会
 生殖医療専門医制度研修施設)

浅田レディース勝川クリニック
婦人科(生殖医療・不妊治療)
〒486-0931
愛知県春日井市松新町1-4 ルネック5F
tel.0568-35-2203

医療関係者の方へ